5月の振り返り

2020年5月は、新型コロナ禍もあって、個人の方からのSOS電話が何本もありました。その都度、食費を用意してお送りするなどしましたが、なぜか小田原以外の地域からの電話が目立っていました。
フードバンク自体が、全国で100か所程度ということもあって、十分に行き届いていないというのが背景にあるのかもしれません。世界的に見ると、韓国はフードバンクが多く、ヨーロッパ、アメリカなどがそれに次いでおり、日本はまだまだ少ないというのが現状です。
神奈川県には33の市区町村があるのですが、それに対してフードバンクは10か所ほどかと思います。

報徳食品支援センターは、小田原~箱根地区のフードバンクとして、2市8町をカバーするべく6月以降も活動に力を入れていきます。

関連投稿

サンリオからハローキティのクッキーの寄付がありましたサンリオからハローキティのクッキーの寄付がありました

ハローキティのクッキーをサンリオさんが寄付してくれました! 子どもたちが喜びます! 赤い羽根共同募金の助成金で購入した中古の軽バンと折り畳み式台車がここでも大活躍! ※赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペ […]

赤い羽根共同募金の助成金で大型のパネル式冷凍庫を導入赤い羽根共同募金の助成金で大型のパネル式冷凍庫を導入

総額180万円・・・赤い羽根共同募金の助成金のおかげで、写真の大型パネル式冷凍庫が導入されました。 あとは中味をどうするか!? ※赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン、フードバンク活動等応援助成事業の […]