ミッション

行政が福祉の全てを担う時代は終わり、これからは地域(コミュニティ)の互助による福祉活動の役割が大きくなります。フードバンク活動もする報徳食品支援センタ-は、食品提供という役割で小田原市を中心とした神奈川県西部の2市8町の地域活性化に貢献します。

この活動の精神は郷土の誇り二宮尊徳翁の無駄を排する質素な生活と地域振興による貧困の解消という考えと奇しくも重なります。
尊徳翁遺訓『譲って損なく奪って益なし』です。
10年後100年後、地域の市民が一緒になって助け合い、寄り添い、譲り合いの心を持って豊かなまちづくりの一助となりたいと思い ます。